信州里山.net

信州里山.net トップ > 里山便り

里山便り

RSS FEED

MTANAKA方式都道府県森林生産力分類2016と2017の分類5の都府県について

 MTANAKA方式都道府県森林生産力分類2016と2017の分類5は、1年間の木材生産量が10万㎥未満と少なく、栽培きのこ類生産額についても1年の産出額が20億円未満の都府県である。MTANAKA方式都道府県森林生産力分類2016の分類5には9都府県が分類されたが、そのうち、7都府県がMTANAKA方式都道府県森林生産力分類2017の分類5に引き続き残っている。それは北から、関東地方の東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、近畿地方の大阪府と滋賀県、九州地方の沖縄県である。

 これらの都府県は森林の活用について、生産を主に求めるよりも、住環境や自然環境を重視した森林の管理が重要と言える。人工林面積は9都府県共に85,000ha未満と少なく、都道府県の規模の産業を考えた場合、木材生産等を目的とするよりそれ以外の機能を現在は森林に求めていると考える方が重要ではないだろうか。その中で、量は少ないが高品質の生産物を作ったり、隣県と協力しての産業の継続を図るのが賢明ではないかと考えられる。

 他方、沖縄県は温帯ではなく亜熱帯のため樹種が異なり、歴史を踏まえた産業作りを模索することが他地域と同じ方向を目指すより重要ではないかと見ることができる。

  • 2020.02.21
  • 田中

2017年の都道府県別森林生産力と2016年からの変更点

2019年秋、2017年のデータが発表になり、MTANAKA方式都道府県森林生産力分類2017を作成した。1年の違いであることから、境となる値は同じにしている。

結果は表-4のようになった。それを集計すると表-5になった。

表ー4 MTANAKA方式都道府県森林生産力分類2017

表ー4 MTANAKA方式都道府県森林生産力分類2017


 

表ー5 MTANAKA方式都道府県森林生産力分類2017の集計

表ー5 MTANAKA方式都道府県森林生産力分類2017の集計

 変化したところを見てみると5県である。5県全て、生産量や生産額が増加して分類の評価が変わっている。北の方から紹介する。

1)関東地方の栃木県は、分類2-1から分類1-1へと変わった。それは、木材生産量が、49.2万㎥から、60.2万㎥へと22%増加している。

2)中部地方の福井県が、分類5から分類3へと変わった。木材生産量が、8.8万㎥から10.4万㎥へと18%増加している。

3)中部地方の富山県が、分類5から分類4へと変わっている。これは栽培きのこ類生産額が18.6億円から28.4億円に53%増加している。

4)近畿地方の和歌山県は、分類3から分類2へと変わった。木材生産量が、17.3万㎥から24.0万㎥へと39%増加している。

5)福岡県は、分類4から分類2-1へと変わっている。木材生産量が17.6万㎥から26.5万㎥へと51%増加している。

各県の森林の有効活用が進んでいることを示していると言える。

  • 2020.02.19
  • 田中

午前8時40分ころ、社常光寺地区に出没。(海ノ口群)

午前8時40分ころ、社常光寺地区の大町山荘付近に「海ノ口」群が出没しました。
猿は、東側山中へ移動しました。

  • 2020.01.29
  • 三日町個体群

午前9時ころ、社宮本地区に出没。(不明群)

午前9時ころ、社宮本地区の仁科神明宮の北側圃場に「不明」群が出没しました。
猿は東側山中に移動しました。
「三日町」群と思われます。

  • 2020.01.08
  • 三日町個体群

午前9時30分ころ、大町三日町地区に出没。(海ノ口群)

午前9時30分ころ、大町三日町地区の峰村りんご円付近に海ノ口群が出没しました。
猿は北東側山中へ移動しました。

  • 2019.09.11
  • 三日町個体群

午前10時半ころ、大町神栄町地区に出没。(海ノ口群)

午前10時半ころ、大町神栄町地区の荒沢不動明王付近に「海ノ口」群が出没しました。
猿は南東側山中へ移動しました。南下すると思われます。

  • 2019.08.19
  • 三日町個体群

午前8時30分ころ、大町北山田町地区に出没情報あり。(海ノ口群)

午前8時30分ころ、大町北山田町地区の市民の森付近に「海ノ口」群が出没したと連絡がありました。

  • 2019.07.26
  • 三日町個体群

午後2時ころ、美麻新行地区に出没。(美麻群?)

午後2時ころ、美麻新行地区の393号線付近に「美麻」群?が出没しました。
猿は北側山中へ移動しました。

  • 2019.06.14
  • 三日町個体群

信州花フェスタ2019へ行きました。

 2019年6月13日、信州里山委員会では「信州花フェスタ2019」を見学しました。
 メイン会場の松本平広域広場(信州スカイパーク)は、たくさんの花壇があり、自治体の出展など趣向を凝らした展示を楽しみました。
 作成はたいへんだったと思いますが、ほぼ2ヶ月の水やりなどどうしていたのかしらと感心してしまいます。
 やまびこドームでは大きなサボテンがゴロゴロという感じで並んでいました。よく見ると、普段見られない花盛りです。
 長野県の人々の植物を育てる能力の高さを感じます。「いわさきちひろ」の世界も素敵でした。
 入梅後でしたが、広々とした会場で気持ちの良い天気に恵まれ感謝しました。16日の終了は惜しいですね。

大きなサボテンがゴロゴロと。

大きなサボテンがゴロゴロと。

 
サボテンの花1。

サボテンの花1。


サボテンの花2。

サボテンの花2。


広々とした涼しげな会場。

広々とした涼しげな会場。

  • 2019.06.14
  • 田中

午後1時ころ、大町北山田町に出没。(海ノ口群)

午後1時ころ、大町北山田町の市民の森付近に「海ノ口」群が出没しました。
猿は、北側の峰村りんご園東側山中へ移動しました。

  • 2019.04.04
  • 三日町個体群

最近の記事

以前の記事