信州里山.com

信州里山.net トップ > 里山便り

RSS FEED

2012年育樹祭・森林林業環境機械展示実演会見学報告

 20121111日(日曜日)12日(月曜日)に静岡県掛川市小笠山総合運動公園エコパグラウンドで2012森林・林業・環境機械展示実演会が行われました。毎年育樹祭と同時期に近くで行われます。

 今年は静岡県での開催のため日帰りが可能だったので日曜日に出かけました。

 機械展では展示・実演会場の他、林内実演会場が3か所設けられていました。林内実演会場のA会場も見学しました。そこでのハーベスタの実演は圧巻でした。ハーベスタは立木を伐採し、丸太へと造材できる林業機械です。最新のヘッドを付け、胸高直径2030センチメートル程のスギを約3秒で伐倒する様子は何度見ても迫力があります。さらに枝払い、玉切りを行い丸太にしていました。

 同A会場では、2社のフォワーダの実走も見学できました。急な斜面に4回スイッチバックできる作業道を設定し、丸太の木材を積んでの登坂と降坂の実走でした。運転者の座席は前向きと逆向きの両方が有り、方向転換する度に座り直しいつも前方を向けるようになっていて斜面を進みます。2社のフォワーダ共、安全走行のために考慮していました。

 今回私が最も感心した機械は災害救助用のロボットです。写真のように2本のアームがあり、それぞれ左右のレバーで動かすことができます。人間の両手のように動かせるものです。東京消防庁に導入されているもので、オペレータの研修は難しくないとのことでした。将来は森林作業の現場でもこのような機械が活躍するようになるのでしょう。

 私が若かったら関わりたいと思う機械が多く、胸が躍ります。あいにく昼から雨が降り出しました。育樹祭にいらっしゃった皇太子様のお車を遠くから拝見しました。来場者は乳母車のよちよちしたお子さんから人生の先輩まで多くの年齢層の方々が見えていました。大学生も多く、グループで見学していました。来年も多くの方に見ていただきたいです。そして、私も行きたいと思ってこの文を書いています。

 

*)機械展示会は毎年日本のどこかの県で開催されています。林業機械化協会のホームページで情報を見ることができます。

いよいよ機械展示会場へ入場します。 展示・実演会場です。 会場風景

楽しいチェーンソーアート A会場のハーベスタの実演! 災害救助用マシン!!

  • 2012.11.14
  • 田中

上へ戻る

最近の記事

以前の記事