信州里山.com

信州里山.net トップ > 里山便り

RSS FEED

信州はそろそろ紅葉の季節です。

 2018年10月12日朝8時松本市内のホテルから野麦峠を自動車で目指しました。そろそろ紅葉が始まるとのことで、信州里山.net委員会の機会に行きました。
 あいにく小雨の残る中の出発で、峠では霧の中での見学でした。写真は上手く撮れませんでしたが、長野県と岐阜県の県境にあるお助け小屋は開いていました。霧の中は久しぶりの寒さで早々に車の中に退散しました。写真1,2は峠近くで撮影しました。

写真1 霧の中で紅葉は始まっていた

写真1 霧の中で紅葉は始まっていた


写真2 途中の展望台で停車して見学

写真2 途中の展望台で停車して見学

 峠近くの「野麦峠ぶなの森」に寄りました。20年ほど前にカラマツ林の下にブナの苗を植林し、ブナ林を育てる活動を続けているそうです。全国から協力者が手入れの活動に参加しているとのことです。今は高木のカラマツの下にブナが元気に育ち、見事な二段林になっています。二段林は複層林とも言われます。百年後に残るブナ林にしていくとのこと、成長が楽しみです。

写真3 野麦峠ぶなの森の看板

写真3 野麦峠ぶなの森の看板


写真4 カラマツの下にブナが元気に育っている

写真4 カラマツの下にブナが元気に育っている

 これから信州は紅葉の季節になり多くの方が楽しまれることでしょう。

 松本市奈川地区では秋の新そばまつりが開催されていました。時間が早かったため食べられなかったのはとても心残りです。今回はあきらめましたが、次回はきっと食べようと心に決めて帰途につきました。

  • 2018.10.13
  • 田中

上へ戻る

最近の記事

以前の記事