信州里山.com

信州里山.net トップ > 里山便り

RSS FEED

九州地方各県の森林生産力を見て行こう45

3-6-8 沖縄県

[1] 沖縄県の森林
 沖縄県の森林面積は全国43位の10.7万haである。森林率は全国37位の46.8%で森林率は日本全体の森林率より小さい。そして沖縄県の人工林面積は全国最下位(47位)の1.2万ha、人工林率は全国平均が40.7%のところ、全国最下位(47位)の11.3%と低い。沖縄県は亜熱帯に存在するため気候も樹種も異なり、他県と比較することは難しいことである。その点を考慮して考えてもらいたい。

[2]沖縄県の林業産出額と栽培きのこ類生産について
 沖縄県の林業産出額は2016年6.1億円(全国44位)、2017年5.5億円(全国44位)と少ない。全国の0.1%程度である。

 次に沖縄県の栽培きのこ類生産額は2016年5.5億円(全国38位)、2017年5.1億円(全国39位)である。沖縄県の栽培きのこ類生産は少ないが多少生産している。

 沖縄県の林業産出額に対し木材生産産出額と栽培きのこ類生産額の占める割合は栽培きのこ類生産の方が多く、栽培きのこ類生産額が2016年90.2%、2017年92.7%である。

[3]沖縄県の木材生産
 沖縄県の木材生産の樹種は広葉樹のみである。沖縄県の木材生産の産出額は2016年0.4億円(全国47位)、2017年0.2億円(全国47位)で、木材生産量は2016年0.3万㎥(全国47位)、2017年0.2万㎥(全国47位)であった。

 沖縄県の人工林面積は全国最下位(47位)の1.2万haと紹介したが、2017年の人工林面積当たりの生産量は0.17㎥/haである。全国平均0.85㎥/haと比較できない小ささである。

 沖縄県はMTANAKA方式都道府県森林生産力分類2017では分類5に入っている。沖縄本島の東南植物楽園は本州と異なる樹種が多くとても興味深いものである。沖縄県の場合、森林は生産の場としてよりも、環境や観光産業のために役立つことを求められていると考えられる。

(続く)

  • 2020.09.18
  • 田中

上へ戻る

最近の記事

以前の記事